メインイメージ画像

自己の目的に合ったクラウドを選んでいくために

自己の目的に合ったクラウドを選んでいくために、そのジャンルを分かっておくことが大事です。第一に挙げるのは「プライベートクラウド」というものです。会社などが会社内でネットの環境にクラウドを取り入れて構築したもので、特に企業内でのデータ等を管理する目的で利用されていることが大半です。第二に「パブリッククラウド」と呼ばれており、多くの企業などや一般ユーザーたちがクラウドを共に使用するサービスです。

イメージ画像

これらのようにクラウドサービスとひと言でいっても、企業などの社内データ等の利用から、一般のユーザーの個人的な利用まで、多くのことに対応できるのです。クラウドが広まり始めた当初の主な理由は、企業などが社内で使用するサーバーを減少させて、それにかかるコストを削減することだったようです。そのあと、そのようなサービスがたくさんのジャンルで形を変えて、ネット上で一般ユーザー達に幅広く利用されるまでになりました。高価であるソフト等を利用せずとも、ブラウザーのみで安易に沢山のサービスを使えたり、ネット上にデーターをセーブするので、使用場所や端末などを問うことなく、データーを共有することができる点が高い人気を持っているワケのひとつではないでしょうか。

最近、クラウドを取り入れることで企業でのシステムの運用にかかかってくる面倒を減らすことが可能になりました。クラウドではサービス提供者がシステムの運営などを行う為、自社でサーバーの管理や運営などを行う必要はないですから、アップデートやメンテナンスなどに注意する事もありませんから、時間の節約や人件費などの節約に役に立っているでしょう。また更にソフトを買うこともありませんので、初めにかかる費用やランニングコストを大きく削減ができるといった点なども、クラウドが多くの企業に導入されている理由のひとつなのではないでしょうか?近年、社内や個人の色々なシチュエーションにてクラウドを使っている人が増えています。クラウドサービスにも多様なサービスがあるため、利用する人の需要に合うように日ごとに進歩を重ねています。

動画などや業務で使っている資料を他のユーザーと共有することができる「オンラインストレージ」は、クラウドサービスを簡単に利用できるサービスで、多くが無償で導入できます。e−mailのアドレスで容易に登録可能なサービスがあるので、たくさんのユーザーに人気があります。未だに利用したことがないという方は、0円のものから試すのはいかがでしょうか。

更新情報